最新情報

2017年12月15日付で大越敏行氏がSumitomo SHI FW(SFW)のCorporate Planning部門のSenior Vice Presidentに任命されました。大越氏はフィンランド エスポー市所在のSFW本社のSenior Leadership Team(SLT)の一員となり、最高経営責任者のTomas Harju-Jeantyの直属となります。
Soma Kolinプロジェクトは低品位炭や褐炭などの資源を豊富に持つトルコやその他の国々にとって非常に重要です。CFB技術こそがトルコの豊富な褐炭の活用に最適であるということがSoma Kolin プロジェクトによって証明されました。本プロジェクトの成功は、インド、ドイツ、タイ、パキスタンにおいても地域の低品位褐炭を利用することで、経済性のあるクリーンな電力を生み出すことにつながります。近年のトルコのエネルギー事情から、Sumitomo SHI FWのBob Giglio とBoguslaw Krztonがトルコやその他新興市場におけるCFB技術の役割を検証します。
Sumitomo SHI FWのBob Giglio とBoguslaw KrztonがEnerji Panoramaの最新号でトルコにおけるエネルギーの未来のソリューションについて述べています。
世界における固形燃料市場の変化は、燃料多様性に優れたプラントの所有者にとっては有利な状況と言えます。とはいうものの、燃料多様性に優れているということは、単に様々な石炭やバイオマスを燃焼できるというだけではありません。石炭やバイオマスを含む幅広い燃料種に対応しつつも、プラントの信頼性、保守性、運転の容易性、煙突排ガス特性への影響が少ないということも意味します。Power Insider Magazine誌の最新号にてSumitomo SHI FW社のSenior VPであるRobert Giglio氏が燃料多様性に優れたCFBボイラが固形燃料発電の未来を担う理由を説明しています。
スケールメリット、燃料供給能力、環境性能が事業用発電プラントの形式選定において重要な要素となります。Modern Power Systems誌11月号にてSumitomo SHI FW社のRobert Giglio氏とTimo Jäntti氏は、イギリス ミドルズブラ市近くのティーズ港の使用されなくなった土地に建設中の熱電併給システムで299MWeの出力を持つTees Renewable Energy Plant (TeesREP)がそれを説明する良い実例であると述べています。
イギリスの299MW Tees Renewable Energy Plantは世界最大かつ世界最高効率バイオマス専焼発電プラントとなります。Junior Isles氏は循環流動層技術にとっての新たな画期的な出来事になる、と述べています。
住友重機械工業によるAmec Foster Wheeler CFB技術部門買収はエネルギー業界におけるバイオマス発電において大きな影響力を持ちます。新たに設立されたSumitomo SHI FW (SFW) は、「持続可能なエネルギーソリューションを実現する新たなリーディングカンパニー」としてシナジーを発揮する。
住友重機械工業によるAmec Foster Wheeler CFB技術部門買収はエネルギー業界におけるバイオマス発電において大きな影響力を持ちます。新たに設立されたSumitomo SHI FW (SFW) は、「持続可能なエネルギーソリューションを実現する新たなリーディングカンパニー」としてシナジーを発揮する。
TOP