最新情報

住友重機械工業株式会社(社長:別川 俊介)は、関西電力株式会社(代表取締役社長:岩根 茂樹)が設立した発電事業会社、バイオパワー苅田合同会社((代表)職務執行者:森 望)より、バイオマス発電設備(出力:約75,000kW、建設予定地:福岡県京都郡苅田町)を受注しました。
施行間近のIMO(国際海事機関)の硫黄分に関する規制に産業界が備えるにあたり、高硫黄燃料油の新しい市場を石油精製業者がどのように見つけられるか、アメリカ合衆国Sumitomo SHI FWのRobert Giglio氏が説明します。
イギリス ミドルズブラ近郊のTeesideにあるMGT Teeside社のバイオマス発電所建設工事が順調に進んでいます。2020年初に操業が開始された暁には、この299 MWe施設はバイオマス専焼としては世界最大の循環流動層(CFB)プラントとなります。この新しいボイラについて、Sumitomo SHI FWのSenior Vice PresidentであるRobert Giglio氏が説明します。
再生可能で低炭素なソリューションが求められるエネルギー状勢において、CFBボイラ技術はどのような位置づけにあるのでしょうか?
元来、事業用規模の発電プラントはスケールメリットや燃料の入手性、そして環境性能にのっとって設計されています。世界初の300 MW級かつ100%バイオマス専焼発電所となるTees Renewable Energy Plant(別称Teesside)も上記に基づいて建設が進められています。
住友重機械工業株式会社(社長 別川俊介)は、西日本プラント工業株式会社(代表取締役社長 平田宗充)より、75MW級バイオマス専焼発電設備を受注しました。 本設備は、九電みらいエナジー株式会社(代表取締役社長 穐山泰治)、
住友重機械工業株式会社(社長:別川 俊介)は、株式会社中部プラントサービス(代表取締役社長:深澤 元喜)と共同企業体を設立し、中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野 哲)より、バイオマス発電設備(出力:49,000kW、建設予定地:中部電力株式会社/四日市火力発電所構内)を受注しました。当社初の電力会社からのバイオマス専焼発電設備の受注となります。
住友重機械工業株式会社(社長 別川俊介)は、広島ガス株式会社と中国電力株式会社が設立した発電事業会社、海田バイオマスパワー株式会社(社長 谷村武志)より、同社海田発電所の発電設備(出力:112MW、建設予定地:広島県安芸郡海田町)を受注しました。
TOP