最新情報

Sumitomo SHI FW(SFW)の循環流動層(CFB)燃焼技術は、20年足らずで小規模用途から大規模な超々臨界圧プラントに成長しました。 CFBは、特に低品位燃料やバイオマス燃料が入手できる地域において、固体燃料発電用に最適な技術に急速になりつつあります。燃料に対する柔軟性と本質的に炭素排出量が少ないCFB技術は、多くの国において国産燃料の持続可能な使用のニーズにも対応していると、Sumitomo SHI FWのSBD SVPであるAsif Hussainは述べています。
発電所の事業運営には多くの変化がありました。 運営予算の縮小や人員削減により実際にやらなければならない作業の遂行が困難になっています。 そのような中で多くの企業はそのギャップを埋めるためにサービス事業者に目を向けています。
住友重機械工業株式会社(社長:下村 真司)は、日鉄エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:藤原 真一)より、広畑バイオマス発電株式会社向けバイオマス発電用ボイラ(建設予定地:兵庫県姫路市広畑区)を受注しました。
唐津バイオ-1プラントは循環流動層技術の多くの利点を実証しながら運転を続けており、その中でも燃料に対する柔軟性は特に優れています。 プラントは、石炭やパーム椰子殻および当初の発電所の設計条件に含まれていなかった木材廃棄物など、非常に多様な燃料の組み合わせで、出力と環境値を満足しながら順調に稼働しています。
Sumitomo SHI FW(SFW)は正隆股份有限公司(CLC)より、台湾にある同社竹北工場向けCFBボイラを受注しました。新ボイラの商業運転は、2021年7月に予定されています。

経済的な解決策(Power Line誌)

住友重機械工業株式会社(社長:別川俊介)は、王子グリーンリソース株式会社(代表取締役社長:進藤富三雄)とエネクス電力株式会社(代表取締役社長:清水誠)が設立した発電事業会社 王子グリーンエナジー徳島株式会社より、同社のバ
住友重機械工業株式会社(社長:別川 俊介)は、株式会社エイブル(代表取締役:佐藤 順英)、関西電力株式会社(取締役社長:岩根 茂樹)と株式会社九電工(代表取締役社長:西村 松次)が共同で設立した発電事業会社、エイブルエナ
TOP