最新情報

Sumitomo SHI FW(SFW)は正隆股份有限公司(CLC)より、台湾にある同社竹北工場向けCFBボイラを受注しました。新ボイラの商業運転は、2021年7月に予定されています。

経済的な解決策(Power Line誌)

住友重機械工業株式会社(社長:別川俊介)は、王子グリーンリソース株式会社(代表取締役社長:進藤富三雄)とエネク
住友重機械工業株式会社(社長:別川 俊介)は、株式会社エイブル(代表取締役:佐藤 順英)、関西電力株式会社(取
当社のCFB(循環流動層)ボイラ発電プラントついて、技術・製品のご紹介とともに、小型から超臨界、超々臨界圧の大型プラントまでの実績やバイオマス焚きCFBボイラとしては世界最大となる英国での事例など、パネル展示やブース内プレゼンテーションにてご紹介します。
高硫黄燃料油の需要が落ち込むなか、ディレードコーカーを有する製油所では、より価値の高い発電と蒸気生成の選択肢があります。
モノのインターネット(IoT)は、やや単純化して、「オン/オフスイッチを持つすべてのデバイスをインターネット(および/または互いに)に接続する」と定義されています。
Sumitomo SHI FW(SFW)は本日、大韓民国群山市に建設予定のSMGエナジー社SMGバイオマス発電所に関する設計・供給でSK建設から契約を獲得したと発表しました。この新しい発電所は2020年12月に商業運転の開始が予定されています。
TOP